大阪梅田の美容外科・皮膚科|AGA治療


AGA治療 毛髪は再生可能です薄毛を治療し 若々しく

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは男性型脱毛症の総称を指します。AGAは進行する性質を持ちますので、早めのケアが大切です。

「AGA」は、特に男性に多くみられる脱毛症で、「男性型脱毛症」の略称です。他の脱毛症とは異なり、思春期を過ぎた以降に、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり、進行していくと言うのが特徴となります。細くて短い髪の毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになってきます。世間一般ではDHTや遺伝が関係すると言われています。
※DHTとは、ジヒドロテストステロンの略で、AGAの原因物質です。

AGAは進行性で、何もケアしないでいると徐々に症状が進んで行きます。進行を抑えるためには早い段階でのケアが大切です。また、AGAの他にも様々なタイプの脱毛症があり、それぞれ対処法も異なってきます。

AGAの治療薬には、一般に市販されていないものもあります。自己判断せずに、医師の診断のもとに適切な治療を受けることが重要と言えます。

AGA治療施術一覧

AGA治療(男性型脱毛症)
AGAとは、「男性型脱毛症」の略です。進行を抑えるためには早めのケアが大切です。詳しくはこちら
育毛メソセラピー
頭皮に直接、育毛成分を注射します。毛髪の育毛を促進させ、治療します。詳しくはこちら
メソセラピー療法
一人一人の症状や体質に合わせてカクテルを調合、毛髪を含む毛包も再生します。詳しくはこちら
スカルプクリーニング
皮脂・毛穴の汚れを改善。頭皮の環境を整え、育毛させます。詳しくはこちら
自毛植毛
後頭部や側頭部の毛根を増毛したい部位に移植し、自分の髪を蘇らせます。詳しくはこちら
人工毛植毛
気になる部分に欲しいだけ増やせます。短時間でイメージ通りの髪に仕上がります。詳しくはこちら
増毛・医療用かつら
脱毛症の治療中や傷跡を隠したい、抗がん剤治療などでかつらが必要な方に。詳しくはこちら

AGAなら大阪のNDクリニックへ

「AGA」とは、Androgenetic Alopeciaの略語です。

基本的には成人の男性が髪が薄くなってくる状態の事を指します。
簡単に言えば「男性型脱毛症」という意味となります。

AGAは基本的に進行性で、何もせずに放置しておくと、頭髪は減り続け、薄くなってきます。
その為、AGAは早いうちのケアが非常に大切です。

毛髪でお悩みの患者様のご希望や症状、現在の状態に合わせて、安全・安心なプランをご提案させて頂きます。

AGAのことなら、お気軽に大阪のNDクリニックへお問い合わせください。

薄毛の実態

日本人男性の約30%以上(約1,260万人)は薄毛を意識しているというデータが出ています。
自分自身が薄毛である事を意識し、何らかの対処を行った経験のある方が多くおられます。
しかしながら、何らかの対処を行った経験のある方の中で、本当に自分にあった適切な対処法を行えている方は、非常に少ないのが現実です。

薄毛になる原因

ホルモンについて
「男性型脱毛症」において、主な原因の一つとして挙げられる物質「ジヒドロテストステロン」。
「ジヒドロテストステロン」は、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という還元酵素によって変換されて作られます。
これにより、頭頂部 ~ 前頭部にかけての毛包が短くなってしまう現象(ミニチュア化現象)を引き起こします。
ストレスについて
極度のストレスは、自律神経や免疫力系の働きに悪い影響を与えます。
自律神経の働きやホルモン分泌に乱れが生じると、血液の循環においても悪影響を及ぼしてしまい、血流が毛乳頭へ栄養を運んでいく上での障害ともなります。
免疫力の異常が頭皮や毛根にも炎症を生じさせてしまい、髪が抜けやすい状態になるという事にも繋がります。
遺伝について
「脱毛症」は遺伝的な要因があるという事は、一般的によく言われますが、基本的には事実であるという事が解明されてきています。
「脱毛」を誘発する「5αリダクターゼ」という還元酵素の体内における分布は、両親からの遺伝の影響を大きく受けます。
又、男性ホルモンに対する感受性については母方の遺伝の影響が高いという事が解ってきています。
食生活について
健やかな毛髪の成長には栄養バランスの良い食生活を送る事が重要です。
動物性の脂質が中心となる食事は、血液中のコレステロール濃度が高まってしまい、毛乳頭まで栄養を運びにくくしてしまいます。
また、皮脂の分泌が多くなる事で脂漏性脱毛の原因になりかねません。
毛髪はケラチンという硬蛋白質で出来ている事から、常に良質な蛋白質の摂取を心掛けて頂く事が好ましい食生活と言えるでしょう。
生活習慣について
日常の生活習慣は毛髪の成長に大きな影響を与えます。
喫煙には末梢血管を収縮させる作用があり、血流の悪化を招く事で細胞を損傷してしまう恐れがあります。
また過度のアルコールの摂取や運動不足なども、内臓の働きや細胞分裂の機能を低下させてしまい、毛髪の発育には悪影響を与えるという事は言うまでもありません。
何より規則正しい生活を送る事が大切だと言えます。

自己診断チェック

ご家族に髪の薄い方はいらっしますか ?
両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる。
髪の毛にハリはありますか ?
両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる。
どの部位から薄くなり始めましたか?
額の生え際から、だんだんと後退してきた。
頭頂部の髪の毛が薄くなってきた。
額の生え際と頭頂部の両方が薄くなり始めた。
どんな時の抜け毛が気になりますか?
シャンプーやブラッシングした時の抜け毛の量が多くなった。
枕元に残った抜け毛が多くなった。
いつごろから抜け始めましたか?
思春期を過ぎた以降になってから抜け始め、除々に薄毛が進行している。

上記、いづれかに当てはまる場合は、AGAの可能性があります。まずは、気になる事を、お気軽に無料相談にてお問合せください。

AGA遺伝子検査について

男性型脱毛症が発症するリスクと共に、プロペシアの感受性を調査する事ができます。
AGAの原因となる男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が最も大きく作用します。
AGA遺伝子検査では、このアンドロゲンを受け取る受容体の感受性の高低を遺伝子レベルで分析する事により、AGAのリスクと男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアの感受性を調べる事ができます。

営業日のご案内

休診日です

当院は完全予約制となっております。

カウンセリングも無料にて、随時行なっておりますので、お電話、メールにて、お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

あなたに最良の治療を
【フリーダイヤル】0120-93-2770 一般回線:06-6315-0210
お問い合わせ無料相談

ページトップへ