大阪、梅田の美容外科・皮膚科|PRP皮膚再生療法


PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)とは

  • 発毛治療であまり効果がないとあきらめている方にお勧めです
  • 頭皮湿疹や皮膚炎などのトラブルで育毛剤が使用できないとお悩みの方に
  • 女性のびまん性脱毛症にも効果的です
  • 副作用やアレルギーが心配な方でも安心です
  • 顔や首、手の甲などのちりめん状のしわにも大変効果があります

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)ついて

PRP療法とは、自分自身の血液から特殊な方法で多血小板血漿を抽出し、老化した皮膚などに注入すると血小板から様々な成長因子が放出され改善を行う再生医療です。
多血小板血漿には頭皮の血管や細胞を活性化させる成長因子が多量に含まれている為、頭皮へ直接注入することで薄毛部分が改善され発毛、育毛が促されます。

また、美容にも大変有効な治療法で基本的に、しわのあるところであれば何処でも効果はあります。
特にコラーゲンやヒアルロン酸といった注入治療で、難しいと言われているちりめん状のしわに効果を発揮します。また首や手の甲などにもお勧めです。

御自身の血液を利用するので、感染症やアレルギーなど拒否反応の心配はありません。

再生医療等の安全性について

再生医療等の安全性の確保等に関する ※法律 が制定され、多血小板血漿(PRP)を用いた皮膚の再生を目的とした再生医療を行うには認可が必要となりました。許可の出ない施設はPRP療法を行う事ができません。当院は近畿厚生局に再生医療等提供計画を提出し、PRP療法の認可を取得しています。

(受理日:2016年2月5日) (施設番号:FC5150375) (計画番号:PC5150489)

※《厚生労働省より》
提供計画を提出せずに再生医療等を提供した場合は法律違反となります。
再生医療等を提供しようとする医療機関は、「再生医療等提供計画」を作成し、あらかじめ「認定再生医療等委員会」に意見を聞いた上で、「再生医療等提供計画」を地方厚生局に提出する必要があります。
上記手続きを経ずに、第一種再生医療等を提供した場合、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑(法第60条)、第二種又は第三種再生医療等を提供した場合は50万円以下の罰金刑(法第62条)に処されることがあります。

治療の流れ

  • 診察・カウンセリング
  • 写真撮影(術後の効果確認の為)
  • 麻酔(御希望の場合)
  • 採血(約20cc)
  • 専用のキットを使用し、遠心分離器にかけPRP及びPPP採取
  • 治療開始(数分間)
  • 術後の注意事項説明とメイク直しにて終了

PPPパック(小血小板血漿)について

PRPは採取した血液から、多血小板血漿を抽出し挿入するのですが、同時に分別されるPPP(小血小板血漿)を利用したパック療法です。コラーゲンやヒアルロン酸に近い優れた保湿性をもっており、ミネラルも豊富に含まれます。顔や手の甲の保湿、保護に最適です。

治療費

PRP療法1回80,000円
PRP療法 + PPPパック1回100,000円
あなたに最良の治療を
【フリーダイヤル】0120-93-2770 一般回線:06-6315-0210
お問い合わせ無料相談

ページトップへ